NPO法人 植民地支配・侵略の被害者証言を記録する会

「記録する会」の公式WEBサイトを立ち上げました。

一覧►

歴史の事実を世界へ次世代へ

日本による植民地支配・侵略の被害者証言

日本はかつて、朝鮮や台湾などでの植民地支配と、日中戦争やアジア太平洋戦争において、膨大な数の人を傷つけ殺りくしました。

そうした過ちを二度と繰り返さない日本にするため、また日本と被害を受けた国との心からの信頼・友好のためには、両者が共通の歴史認識を持つ必要があります。被害を受けたアジア太平洋地域の人たちの体験を知ることは、そのために大きな役割を果たすでしょう。

このウェブサイトは、被害者証言を日本だけでなく世界へ、そして次の世代へ伝えるためのものです。被害者たちの証言を聞くのはつらいことですが、怒り・苦しみ・悲しみを正面から受け止めてください。

証言映像

アジア太平洋の国々の、日本による植民地支配・侵略で被害を受けた人たちの証言を紹介します。日本軍の性奴隷にされた被害者(日本軍「慰安婦」)、広島・長崎での被爆者、強制的に連行・労働された人などです。
証言映像はこちらのページへ ►

会員・寄付のお願い

この会は、会費と寄付金によって運営されています。ビデオ映像の編集、英語と韓国・朝鮮語の翻訳作業などに多額の費用が必要です。何人の証言を公開できるかは、集まる金額によって決まります。皆さまのご協力をお願い致します。
会員・寄付はこちらのページへ ►

お知らせ-Information- 一覧►

2017.04.10
証言映像を2本アップしました。
2017.04.10
「記録する会」の公式WEBサイトを立ち上げました。

メディア掲載情報-Media coverage- 一覧►

2017.05.02
月刊「イオ」[2017年5月号]に紹介されました。
2017.02.20
朝鮮新報[2017年2月20日]に紹介されました。
2017.02.20
朝鮮新報[2017年2月20日]にインタビューが掲載されました。
2017.02.02
朝日新聞[2017年2月2日]に紹介されました。
2017.01.15
日本と朝鮮(愛知版)[2017年1(402)月号]に紹介されました。
ページの上部へ